toggle
2016-08-10

酒粕と緑茶のパン

酒粕と緑茶のパン。

篠山にある晩めし屋よかちょろでのイベント「新緑の候」で焼いたパン。 千葉県サンライズソルトの塩と、若々しい新緑のイメージの緑茶の葉を練り込んで。香る酒粕が、むちっとした食感と草むらに入った時の草いきれのような懐かしい雰囲気を醸し出します。

archive_pic_24

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です