toggle
2016-08-10

静間の塩とにがりのバゲット

篠山にある晩めし屋よかちょろでのイベント「新緑の候」で焼いたパン。 島根県に父母と呼ぶご夫婦がいるのだが、島根の父さんが作っているのが塩。静間という神話の舞台にもなった場所で、薪だけで海水を炊いて塩を作っている。

この塩はかじめという海藻を使って作る藻塩の一種。ミネラルが豊富で塩のままでも深い味わいがある。

が、父さん。「これをお風呂に入れると、お肌がつるつるになるんだよ!」と、塩の副産物であるにがりをわけてくれた。なめてみると、奥歯にじーんとくる何とも言い難い飲めない苦み。これはマグネシウムだ。

よし、これを入れたバゲットを焼こう。マグネシウムの苦みは、パンに入れるとうま味にかわる。結果は、、、食べてみてのお楽しみ。

さあ、夏が終わる。そろそろ父さんがまた塩炊きを始める頃だ。またこのバゲットを焼こう。

archive_pic_22

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です